小芝風花の高校はどこ?大学は?中学時代はスケートで全国優勝も!

小芝風花 本名 学歴

この記事は小芝風花さんの学歴(中学・高校・大学)と学生時代のエピソードをまとめています。

朝ドラ出演で全国区になった小芝風花さんですが、朝ドラの前にも実はフィギュアスケートで全国レベルの実力を持っていたんです!

そんな小芝風花さんがどうして芸能界を目指すことになったのでしょうか?

詳しくは記事本編で!

小芝風花の大学

小芝風花さんは大学には進学していません。

小芝風花さんは高校卒業後は芸能活動に専念する道を選択しています。

小芝風花の高校

小芝風花さんは2013年4月に日出高等学校に入学。2016年3月に同校を卒業しています。

学校名 日出高等学校
(現・目黒日本大学高等学校)
学科・コース 通信制
偏差値
入試難易度
所在地 〒153-0063
東京都目黒区目黒1丁目6−15

小芝風花さんは日出高校の卒業式に報道陣を前に卒業報告をしていますから、日出高校出身で間違いありませんね。

芸能活動をするために高校は日出高校の通信制過程に進んだ小芝風花さんですが、通信制過程といってもやはり芸能活動と学業を両立させるということはなかなか大変だったようです。

学生という立場から仕事の面でも縛りが多かったり、テスト期間中は勉強もしなくてはいけなくて「混乱した」と小芝風花さんは振り返っています。

また、小芝風花さんは高校卒業にあたり、学生の縛りがなくなる解放感がある一方で学生だからという甘えがなくなるため「自分の言動に責任が持てるようにがんばりたい」と仕事に対する意欲を見せていました。

「今までは学生でお仕事の面でも縛りが多かったです。テスト期間中は勉強もしなくてはいけなくて混乱しました」と学業と仕事の両立の難しさを挙げたが、「これからはそれがなくなると思うとうれしい気持ちでいっぱいです。学生だからという甘えがなくなるので、自分の言動に責任を取れるように頑張りたいと思います」

引用:マイナビニュース

 

小芝風花の高校時代

小芝風花さんは中学生のころから芸能活動していますが、高校1年生のときは映画『魔女の宅急便』の主演に抜擢されています。

小芝風花さんは高校に入学するとすぐに『魔女の宅急便』の撮影が始まり、撮影が終わる頃にはもう夏休みになっていて学校や友だちに馴染めるかが不安もありましたが、中学から一緒だった友人にも助けられて楽しく過ごせたといいます。

また、小芝風花さんは芸能の仕事を中心に生活をしてため、先述のようにテスト期間になるとセリフを覚えるのとテスト勉強が一緒になってしまい頭がパンパンになってしまうこともしばしば。

そんなときは、目の前のことからひとつずつ取り掛かろうと決めて片付けていったんだとか。

そういうところは、高校生ながらにしっかりしていますね。

そんな多忙な高校生生活を送っていた小芝風花さんですから、学校の行事にもあまり参加することができず、文化祭や体育祭、修学旅行にも参加できませんした。

小芝風花さんは中学生のときまでフィギュアスケートの選手でした。

その経験を活かして、高校1年生のときには『スケート靴の約束』というドラマにも出演しています。

このドラマには浅田舞さんや本田真凜さんなどのフィギュアスケート選手も出演しています。

それから、小芝風花さんは高校3年生のときにはNHKの朝ドラ『あさが来た』でヒロインの娘・千代役で出演しています。

この『あさが来た』のヒロインは波瑠さんが務めましたが、実は小芝風花さんもヒロインの最終選考まで残っているんです。

ヒロインからは落選してしまいましたが、復活の起用に小芝風花さんも「びっくりぽん!」だったようですw

一瞬、理解ができませんでした。実はヒロインのオーディションを受けていて、最終まで残っていたんですが、残念ながら受からなくて。とても悔しかったんですけど、波瑠さんがあさ役に決まったと聞いた時は、やっぱりなるべき人がなるんだと思いました。ピッタリと思いませんか? それを励みにまたがんばろうと思っていたところで、今回のお話。本当にうれしくて信じられませんでした。

引用:マイナビニュース

小芝風花の中学校

小芝風花さんは2010年4月に地元大阪の堺市立浅香山中学校に入学。

2012年1月に日出中学校に転校。2013年3月に同校を卒業しています。

学校名 堺市立浅香山中学校
偏差値
入試難易度
所在地 〒590-0018
大阪府堺市堺区今池町5丁3−番8号

小芝風花さんが浅香山中学校に通っていたことを示唆するツイートが見つかっています。

転校 日出中学校
(現・目黒日本大学中学校)
学科・コース 42
所在地 〒153-0063
東京都目黒区目黒1丁目6−15

小芝風花の中学時代

小芝風花さんは小学校3年生から中学2年生までの5年間、地元の大阪でフィギュアスケートを習っていました。
しかも、その腕前はなんと全国大会レベルだったんです。
浅田真央さんや羽生結弦選手など、日本のトップスラスの選手が参加する合宿にも参加するほどの実力がありました。
それもそのはずで、2010年8月には『第37回西日本中小学生フィギュアスケート』で8位になっていますし、2011年10月の『第15回全国フィギュアスケートノービス選手権大会』ではアイスダンスに出場してみごと優勝をしています。

小芝風花さんは、その当時はフィギュアスケートのインストラクターになるのが夢だったといいます。

小芝風花さんはそれほどまでに真剣にフィギュアスケートに取り組んでいたんですね!

その一方で、中学2年生のときにはオスカープロモーションのオーディションに応募して応募者約35,000人の中からグランプリに選ばれます。

このオーディションに応募したのも軽い気持ちだったといい、自分が選ばれるなんて思ってもいませんでした。

しかし、小芝風花さんは、大勢の応募者の中から自分が選ばれた、選んでもらったのだから芸能の道をがんばることに決めたといいます。

そして、芸能活動とフィギュアスケートの両立は難しいと判断して芸能一本に絞り、学校も芸能活動がしやすい東京の日出中学校に転校しました。

芸能の道に進むという判断をするには大きな決断が要ったと思いますが、その理由である「多くの非人の中から選んでもらった」というのが、小芝風花さんの義理堅さを物語っているようにも思えます。

まとめ:小芝風花の学歴(中学・高校・大学)について

  • 小芝風花さんは堺市立浅香山中学校~日出中学校を卒業しています。
  • 小芝風花さんは日出高等学校を卒業しています。
  • 小芝風花さんは大学に進学していません。

フィギュアスケートでは全国レベルの実力を持っていた小芝風花さん。

そんなフィギュアスケートの世界から芸能の世界へ、人生を大きく方向転換したというところに小芝風花さんの芸能活動に対する並々ならない思いというか、決意を感じますね。

今では多くのドラマや映画でヒロインを務める機会も増えてきていますから、今後の活躍にも益々期待したいですね!

【小芝風花の関連記事】
タイトルとURLをコピーしました