高畑充希の中学や高校はどこ?大学は?難関校出身ってホント?

高畑充希 本名 学歴

この記事は女優・高畑充希さんの学歴や学生時代のエピソードをまとめています。

今や人気女優の仲間入りを果たしている高畑充希さんですが、実は子どものころから女優を目指していたもののなかなか芽が出なかったため、名門学校に進学することになります。

女優を目指すのに名門進学校っていったいどういうことなんでしょうか?

高畑充希の大学

高畑充希さんは2010年4月に法政大学キャリアデザイン学部に入学しています。

そして、2015年3月に同大学を卒業しています。

学校名 法政大学
学部・学科 キャリアデザイン学部
偏差値 68
入試難易度
所在地 東京都千代田区富士見2丁目17−1

高畑充希さんは女優業の傍ら大学へも進学しています。

高畑充希さんは舞台鑑賞が好きな両親の影響で小学生のころから女優になることを志していたといいます。

そしてなんと、オーディションにもたくさん落選することを想定して、オーディションが上手く行かなかったら「早稲田大学の演劇部に入りなさい」と両親から教え込まれていたとかいないとか。

後述しますが、高畑充希さんは中学生のときにホリプロのオーディションに合格します。

高校時代も多くの作品に出演して忙しかったからか、ホリプロに入ったからなのか、本当の理由ははっきりしていませんが高畑充希さんが進学したのは早稲田大学ではなく法政大学でした。

早稲田大学は難関大学ですが、法政大学も東京六大学のうちのひとつですから、それなりの学力は必要ですよね。

だから、高畑充希さんも学力においても優秀な方なんだということがわかりますね。

法政大学の入試は一般入試ではなくAO入試だったといいます。

試験は小論文と面接だったようですが、「小論文は手が痛くなるくらい書いて対策を練りました」と当時のことを振り返っており、入試対策も万全で臨んでいたということがわかります。

高畑充希さんは、芸能界以外でも人間関係を築きたいという想いもあったようです。

13歳から舞台の仕事をしているので、他の職業に進む人と出会う機会が少なかったんです。違う道に進む人とたくさん出会いたい! というのが進学した理由です。

引用:朝日新聞

それなので、大学では普通の学生の友人を作っていました。

写真サークルに入り、サークルの活動を通じて普通の大学生と同じように交友関係を広げていったようです。

大学では写真サークルに入りました。カメラをもって合宿に行ったり、お花見しながら飲み会をやったり、キャンプしたり、野球部の応援に行ったり。大学生らしいことは一通りやりました。いまも大学で出会った大切な友人がいるので、進学してよかったと思っています。

引用:朝日新聞

大学の授業はできる限り出席していたといいますが、大学1年生のときにはミュージカル『ピーターパン』で笹本玲奈さんとW主演を務めていましたし、大学3年生の2020年にはNHKの朝ドラ『ごちそうさん』に出演するなど、芸能活動も大いにかったようです。

特に朝ドラ出演の際にはずっと大阪での撮影が続いたため、大学を一時休学して撮影に臨んでいたといいます。

そのため、一部では「大学中退」とも囁かれたりしましたが、実際は1年遅れで大学を卒業しています。

高畑充希の高校

高畑充希さんは2007年4月に八雲学園高等学校に入学、2010年3月に同校を卒業しています。

学校名 八雲学園高等学校
学科・コース 普通科
偏差値 55
入試難易度
所在地 東京都目黒区八雲2丁目14−1

八雲学園高校はもともとは女子校でしたが2018年から男女共学になっています。

学業を優先するという条件であれば芸能活動を認めてくれている学校で、これまでも多くの女性芸能人が在籍していました。

高畑充希さんが八雲学園高校に在籍していたことを裏付けるツイートもたくさん見つかりました。

高畑充希さんは、中学までは地元である東大阪に住んでいましたが、高校に進学するタイミングで上京して八雲学園高校に入学したのでしょう。

高校時代も芸能活動は積極的に行っていたようですが、学校生活はというとだいぶやんちゃをしていたようです(^^;

高校生活での武勇伝?

「校則が嫌いだった」という高畑充希さんは、敢えて校則に引っかかるような短い丈のスカートで投稿し、それが先生に見つかるとダッシュで逃げたり、といったこともしていたといいます。

「若気の至りですかね。本当に校則が嫌でしたね、何でですかね?それにしてもまさか3階まで追いかけてくるなんて」と笑いながら懐かしい学生時代を振り返る。

引用:クランクイン

また高校生のときにはミュージカル『ピーターパン』の主演に抜擢されるなど仕事の方も大忙しだったため、学校の授業中ではよく居眠りをしていたといいます。

ひどいときは、登校直後にもう熟睡し、気がついたら放課後だったなんてこともあったようですよ。

それはそれですごいエピソードですけど、その時は先生や友人は誰も声かけなかったんですかね??

周りは高畑充希さんが芸能の仕事をしていることは知っていたでしょうけど、それにしたって朝から放課後までずっと放っておきますかね?(^^;

歌手としての活動も

高畑充希さんの高校時代は、舞台女優としての活動のほかにも「みつき」という名義で歌手としてもデビューしています。

当時、歌手として活動することは全く想定しておらず、当初はかなり戸惑ったといいます。

レコーディングは必死だったようですが、その歌唱力には定評があったんですよ!!

しかし、CDの売れ行きはあまり伸びずにこのときの歌手活動は1年余で終了してしまいます。

※その後、2014年に高畑充希名義で歌手活動を再開しています。

 

高畑充希の中学校

高畑充希さんは2004年4月に地元大阪の四天王寺中学校に入学、2007年3月に同校を卒業しています。

学校名 四天王寺中学校
偏差値 68
入試難易度 難関
所在地 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1丁目11−73

四天王寺中学校といえば大阪でも有名な難関中学校です。

四天王寺中学校の卒業生である政治家の宮脇のぞみさんが、高畑充希さんも同窓生であることを語っていました。

高畑充希さんは四天王寺中学校に一般入試で合格して入学しているため、学力も相当上位だったのではないかと推測されます。

舞台女優を目指すための名門進学校?

高畑充希さん本人も、中学受験が一番大変だったと振り返っています。

中学受験が一番大変だったと思います。人生で一番勉強した時期でした。小学校のときから舞台女優になるのが夢だったので、そのために早稲田大学の演劇研究会に入ろうと思っていました。それで、進学塾に通って、大阪府内の中高一貫の女子校に進学しました。

引用:朝日新聞

大学の記事でも述べましたが、小学生のときからオーディションを受けていたもののなかなか結果が出なかったため両親から「早稲田大学の演劇部に入りなさい」と言われていたんだとか。

そのため、早稲田大学に入るべく地元でも有名な名門中学校を受験することにしたんだとか。

しかし、中学校と言えども難関校だけあって入学することも簡単ではなかったようですね。

高畑充希さんは「勉強は嫌いで、ひとつのことコツコツと続けることは苦手だった」とも述べています。

中学時代に芸能活動を開始

小学生のときからなかなか芽が出なかったオーディションですが、中学2年生のときにようやく花が開きます。

「山口百恵トリビュートミュージカル」のオーディションで応募者9,621人の中から見事ヒロインに選ばれました。

このときのオーディションでは中島美嘉さんの『FIND THE WAY』を歌いましたが、高畑充希さんはこの曲に思い入れがあるようで、後にリリースしたアルバムにもこの曲を収録しています。

高畑充希さんはこの年の主演舞台『プレイバックPART2』で念願の女優デビューを果たし、芸能事務所にも所属して本格的に活動を開始しました。

その一方で、中学校の勉強にはなかなかついていくことができなくなったといいます。

そもそも有名な進学校ですから授業の内容も相応に難しかったのですが、舞台の仕事が始まったことや、自分の興味が舞台や芝居のほうに向いてしまった故に、勉強についていけなくなったのは当然だったといいます。

高畑充希さんにとっては、勉強(=進学校に行くこと)は舞台女優になるための選択肢のひとつと考えていたようですね。

女子のファンが行列!?

中学校では軽音楽部に所属していて友人とバンドを組んでボーカルを担当していました。

大会に出場経験もあるほどの実力があったようです。

それに加えて、音楽室に行く途中では、高畑充希さんを見るために行列ができていたともいい、女子校だったがゆえに女の子にモテたというエピソードもありました。

確かに、あの歌唱力だったら女子にモテるといういうのもうなずけますね。

バンドをやっていたのだったらさそかしカッコよかったことでしょう!!

まとめ:高畑充希の中学・高校・大学について

  • 高畑充希さんは四天王寺中学校出身です。
  • 高畑充希さんは八雲学園高等学校出身です。
  • 高畑充希さんは法政大学のキャリアデザイン学部を卒業しています。

高畑充希さんの学生時代のエピソードで最も印象深かったのは「女優を目指すために名門進学校に行く」という目標を立てて、実際に受験に合格したことでしょうか。

本来の目標に向かってあらゆる可能性を探り、チャレンジしていくという姿勢は見習うべきものがたくさんあるなと感じました。

今では女優として多くの作品にも出演していますし、一方では歌唱力も評価されていますから、これからの高畑充希さんの活躍に大いに期待したいと思います!

【高畑充希の関連記事】
タイトルとURLをコピーしました