伊藤沙莉の出演映画は何がある?代表作はどれ?

女優の伊藤沙莉さんって実は子役から活動していたって知っていましたか?

それゆえに、彼女の出演した映画作品はたくさんあるのですが、その中でも代表作と言える作品はいったいどんな作品なんでしょうか?

伊藤沙莉が出演した映画作品は?

役者の仲間内でも本当に演技が上手いと評判の高い伊藤沙莉さん。

実は子どものころから役者として活動しているので、26歳(2020年現在)という若さにしては出演映画作品も多いです。

  • イヌゴエ 幸せの肉球(2006年)
  • 兎のダンス(2007年)
  • 東南角部屋二階の女(2007年)
  • Lost Harmony(2011年)
  • 悪の教典(2012年)
  • 映画 鈴木先生(2013年)
  • もらとりあむタマ子(2013年)
  • 恋につきもの 「いばらのばら」(2014年)
  • 超能力研究部の3人(2014年)
  • 幕が上がる(2015年)
  • 全員、片想い 「MY NICKNAME is BUTATCHI」(2016年)
  • KABUKI DROP(2016年)
  • 一週間フレンズ。(2017年)
  • 獣道(2017年)
  • ラストコップ THE MOVIE(2017年)
  • ブルーハーツが聴こえる 「ハンマー(48億のブルース)」(2017年)
  • パンとバスと2度目のハツコイ(2018年)
  • blank13(2018年)
  • 榎田貿易堂(2018年)
  • 寝ても覚めても(2018年)
  • 21世紀の女の子「projection」(2019年)
  • ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年10月11日公開)
  • 生理ちゃん(2019年11月8日公開)
  • 劇場(2020年7月17日公開)
  • ステップ(2020年7月17日公開)
  • タイトル、拒絶(2020年11月13日公開予定)

ざっと調べた中だけでも、これだけの出演作品があります。

公開予定も合わせると、26作品に上ります。

本当に子役からのキャリアというのはすごいし、女優としての実力があるからこそ、これだけの出演オファーが来るのだと思います。

伊藤沙莉の代表作と言える作品は?

さて、そんな数多くの作品に出演している伊藤沙莉さんですが、伊藤沙莉さんの代表作とも言える作品はズバリ 獣道 です。

ここでは、獣道のストーリーや伊藤沙莉さんの役柄を紹介します。

また、獣道を観たネットユーザーの声を集めてみました。

獣道のストーリー

獣道のストーリーは実話をもとにした、かなりブラックな青春映画になっています。

地方都市出身の主人公・愛衣は、母親が新興宗教にのめり込んでいたことをきっかけに、親のもとを離れて暮らし始めます。

暮らし始めるのはよいけど、新興宗教施設、不良グループ一家、平凡な中流階級の家や店舗等を転々としながら生活をして、自分の居場所を探し始めます。

結局、自分の居場所を見つけることはできないが、最終的にAV女優として売れっ子になって成功するといストーリーです。

獣道での役柄とネットユーザーの声

獣道で伊藤沙莉さんは主人公の愛衣を演じています。

体当たりの演技もあり、映画を観た人からは絶賛の声が多数上がっています。

 

まとめ:伊藤沙莉の出演映画は何がある?代表作はどれ?

  • 伊藤沙莉さんは子役時代から多くの映画に出演
  • 女優として注目を浴びるきっかけとなった代表作は『獣道』
  • 『獣道』では主人公の愛衣役で、体当たりのシーンもこなしている
  • 『獣道』の演技はとても高評価

ハスキーボイスで声に特徴がある伊藤沙莉さんですが、女優としての演技力にも実はすごく定評があります。

今後のますますの活躍に期待しましょう!

タイトルとURLをコピーしました