電波利用料の見直しって本当に有効なの?オークション制を望む声も?

菅官房長官がテレビ番組に出演した際に「電波利用料の見直し」について言及しました。

携帯電話料金の引き下げを睨んでの発言と見られていますが、電波利用料の見直しはどれだけ有効な施策なのでしょうか?

一般的な感覚で考察してみました。

スポンサーリンク

電波利用料の見直しって本当に有効なの?オークション制を望む声も?

菅官房長官は、かねてより主張している携帯電話料金の引き下げが実現しない場合は、電波利用料の見直しを検討する考えを示しました。

菅長官は、「公共の電波を提供しているので国民にとって便利で使いやすく、安いということは極めて大事だ」として、携帯料金を引き下げる必要性を改めて強調しています。

引用:TBS NEWS

菅官房長官が、電波利用料の見直しについて言及し、携帯電話利用料の値下げに慎重な大手の携帯電話会社を牽制したと報じられています。

『携帯電話の利用料金の値下げに関して、大手携帯電話会社を牽制した』とあるので、ここでいう「電波利用料の見直し」とは「電波利用料の値上げ」と読み取ることができます。

果たして、電波利用料を値上げすることが、携帯電話会社の利用料金の引き下げ、もっと言うと私たち携帯電話ユーザーの利便性に有利に働くのでしょうか?

スポンサーリンク

電波利用料の見直しって本当に有効なの?

そもそも「電波利用料」って何なんでしょうか?

「電波利用料」とは、無線免許を持ったユーザーから行政機関が徴収する費用で、電波を利用するために支払うことが必要な料金です。

携帯電話会社に限らず、無線機器(無線局)を扱う業者や、個人が開設したアマチュア無線局など、原則として全ての無線局について公平に負担するものです。

つまり、テレビ局やタクシーや船舶が使うMCA無線機なども対象になります。

そこで、このニュースで報じられているように「携帯電話の利用料を引き下げないなら、あなたたちが支払う電波利用料を値上げしますよ」ってことが起こったらどうなるんでしょうか?

普通の頭で考えたら、

  • 携帯電話会社の運営コストが上がる
  • 業務改善などでコストダウンが図られる
  • コストダウンで吸収しきれない場合ユーザーに負担をお願いする

とう流れになると思うのですが違うのですかね?

違う言い方をするなら「原材料費が上がっちゃったから、販売価格に転嫁します」ってことになるんじゃないかと個人的には思うのですけど・・・。

もちろん、携帯電話の利用料金が値下げされることは、ユーザーとしては歓迎ですし、なるべく早く実現してほしいとは思います。

ですが、それを促すために電波利用料を値上げするっていうのは、ちょっと違うような気もしますよね??

スポンサーリンク

電波利用料のオークション制ってなに?

この報道と関連して「電波利用料もオークションにすればいい」というコメントを見ました。

電波利用料のオークションとはどんなものなのでしょうか?

電波オークションとは、周波数帯域の利用免許を競売で電気通信事業者に売却して事業を行わせるものである。有限な公共財である電波を有効利用するための手法である。オークションの方式には様々なものがあるが、1回のオークションは一日から数か月の期間で公開入札形式で実施される。

引用:Wikipedia

なるほど。

この電波オークションアメリカで初めて採用された方式で、その後ヨーロッパ各国(イギリス・フランス・ドイツ)でも採用されている方式なんですね。

導入当初は、多くの事業者が経営破綻して携帯電話事業が出遅れてしまったということもあったようですが、OECD加盟国のおよそ2/3に当たる国々は、既に電波オークションを導入していて、健全に運用されているようですね。

また、この電波オークションによる電波利用料の入札は、電波オークションを導入している国にとっては大きな財源になっているようですね。

スポンサーリンク

電波利用料の見直しって本当に有効なの?ネットユーザの反応は?

スポンサーリンク

まとめ:電波利用料の見直しって本当に有効なの?オークション制を望む声も?

菅官房長官が発言した「電波利用料の見直し」について、携帯電話でなく「テレビ局の電波利用料を見直せ!」というところまで話が発展していますね。

「携帯電話料金の値下げに応じない場合のペナルティ」と解釈している人いましたが、確かにそういう見方もできますね。

電波オークションという制度も今回私も初めて知りましたが、いずれにしても私たちエンドユーザーが利用しやすい形にしていただくのがいいと思いますよね。

そのような目で、この報道も今後注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました