父の日、2019年はいつ? そもそも父の日はいつから始まった?

イベント

今年、2019年の父の日はいつか把握していますか?

さて、日本でもすっかり定着している父の日ですが、その起源ってどんなものなんでしょう?

そして、「今年の父の日はいつだっけ?」と思ったらここでチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

父の日の始まりとは?

6月の「父の日」は、5月の母の日と同様にアメリカが発祥です。

1909年、ワシントン州のソノラ・スマート・ドッド(ジョン・ブルース・ドッド夫人)という女性がいました。

ソノラはある日「母の日」の説教を聞いていたとき、「母の日があるなら父の日もあるべきだ」と考えました。

なぜなら、ソノラと5人の兄を男手一つで育ててくれた父親を敬愛していたからです。

というのも、ソノラの父親は、彼女が幼い頃に南北戦争が勃発し、そこに招集されました。

その間、母親が6人の子どもたちを育てていくことなったが、戦争が終わり父親が戻って来て間もなく過労が原因で亡くなってしまったのです。

それから今度は父親がひとりで子どもたちの面倒を見ていくのですが、その父親も子どもたちがみな成人した後に亡くなりました。

父親が6月生まれだったこともあり、ソノラは自分が通う教会の牧師に頼み、6月に「母の日のように父に感謝する日」を祝う礼拝をしてもらいました。

それは1909年6月19日(第3日曜日)で、そのことがきっかけとなり「父の日」が始まったと言われています。

これがもとで、ワシントン州では6月の第3日曜日が「父の日」となったのです。

それから、1966年にリンドン・ジョンソン大統領によって「父の日」を称える大統領告示が出されて6月の第3日曜日が父の日と定められました。

その後、アメリカで正式に国民の祝日として定められたのは1972年からになります。

スポンサーリンク

2019年の父の日は?

さて、上の記事から父の日は「毎年6月の第3日曜日」となっていることがわかりました。

ということで、2019年の父の日は6月16日(日)になります。

しっかりおさえておきましょう!

 

ところで・・・

父の日は母の日に比べるとなぜか存在感が薄い?と感じてしまうのは私だけでしょうか??

感謝を伝えたい気持ちは母の日も父の日も同じはずなのに、なぜか父の日はついつい忘れてしまいがち・・・

どうしてでしょうね?

 

父の日も、母の日と同様に、毎年決まった日にやってきます。

父の日は、毎年6月の第3日曜日で、2019年は6月16日。

父の日がある6月は、日本では祝日もなく、第3日曜日という月の後半と言うこともあって、日々の忙しさにかまけていると、うっかり過ぎてしまいます。

その他にも、普段から忙しいお父さんに対して、何をどうしたら良いか思い浮かばず、どうしよう?どうしよう?と考えているうちについつい準備は後回し。

気がついたら過ぎていたなんてこともよくあることかもしれません。

お店に行けば「父の日」ってことでセールをしていたりすると目につくのでわかったりはするのですけどね。

 

実際にカレンダーを見てみると、父の日である6月第3日曜日は、毎年15日から21日の間になります。

ということは、父の日は曜日の並びで早く来る年でも月の中旬以降になるので、ちゃんと覚えてさえいれ6月に入ってからでも準備の期間は十分にとれますね。

また、母の日と違って連休などの大きなイベントもないので、ちゃんとわかってさえいれば準備はしやすいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

父の日の準備のために

このページをご覧になっているあなたは、父の日を意識していらっしゃる方だと思います!

というのも、このページを読んでくれている人の多くが検索から来てくれているからです。

わざわざ調べて読んでくれているということは、それだけ意識が高いということだと思います。

ですから、今からカレンダーに書き込んで、ちゃんと準備していれば間違いなく大丈夫です。

 

「父の日に何を贈ったらいいのか?」とか「どうしたらいいのかわからない」ということもあるかもしれません。

別のページで、父の日に贈るプレゼントについても紹介していますが、ちょうどいいプレゼントが思い浮かばなかったら、感謝の気持ちを言葉で伝えるだけでもいいじゃないですか!

素直な気持ちを伝える、それだけでもお父さんはきっと喜んでくれると思いますよ。

普段から感謝の気持ちを持っていても、なんだか気恥ずかしくてなかなか口に出せないという人も、「父の日」を口実にちょっとだけ勇気を出して言葉で伝えると、お父さんとの関係を見直す良いきっかけになるんじゃないでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました