父の日の花は何?プレゼントにおすすめは?

イベント

母の日の花はそう、「カーネーション」ですよね。

母の日の花は、これはもう定番というか、知らない人はいないんじゃないかってくらい定番・スタンダードですよね!

それでは、みなさん、父の日の花はご存知でしょうか?

スポンサーリンク

父の日の花は「バラ」

さっそく答えを言ってしまうと、父の日の花は「バラ」です。

では、なぜ父の日は「バラ」なのか?

それは、父の日を提唱したソノラ・スマート・ドッドが、父の日に彼女の父親の墓前に白いバラを供えたからとされています。(参考:父の日の由来

また、1910年の初めての父の日の祝典の際には、YMCAの青年たちが父親を讃えるために、父親が健在の者は赤いバラ、父親が他界している者は白いバラを身に着けたと伝えられています。

スポンサーリンク

日本での様子

それでは、日本での父の日はどうでしょうか?

父の日が日本に伝わり、父の日にはバラを贈るという風習も行われるようにになりましたが、現在の日本では「黄色いバラ」を贈るのが定番となっています。

それは、1981年に設立された日本ファーザーズデイ委員会が開催した「父の日黄色いリボンキャンペーン」に大きく関わりがあります。

「父の日黄色いリボンキャンペーン」は、家族の愛情や尊敬を表す黄色をイメージカラーとして啓蒙を進めています。

このキャンペーンが、父の日にバラを贈る風習と相まって「黄色いバラを贈る」という現在の風習になったとされています。

スポンサーリンク

父の日に贈るとしたらどんな花?

このように、今では父の日に贈る花としてもっとも定着し、定番とされる花は「バラ」ですが、それ以外にはないのでしょうか?

父の日の贈り物として人気のある花をご紹介します。

これぞ父の日!定番の「バラ」

やはり父の日のトレードマークになっているバラ、特に日本では先に述べた理由から「黄色いバラ」が好まれています。

ここでは「黄色いバラ」と紹介していますが、「オレンジバラ」をメインに取り扱っているお店もあります。

また、「白いバラ」の花言葉には「心からの尊敬」という意味があり、父の日の花として選ばれることもあります。

しかし、白いバラは故人に贈る花というイメージもあるため、贈るときにはちょっと注意が必要です。

白いバラを贈りたいときには他の花も組み合わせて、明るいイメージの花束などで贈るようにするとよいでしょう。

元気いっぱい明るい「ひまわり」

父の日のイメージカラーである黄色と、これから夏に向かう時期、そして何よりも華やかということで、父の日の花ギフトとしては「ひまわり」も人気の花です。

たしかに、ひまわりって見てるだけで何だかすごく元気になる花ですよね。

太陽サンサンなイメージです(^^

それってひまわり自体が持つエネルギー?だと思うんです。

そんな元気いっぱいのひまわりの花束をもらえたらお父さんも嬉しいでしょうね!

ちなみに、花束にする場合は、ミニサイズのひまわりがいいですよ。

変化球?を狙うなら「観葉植物」

落ち着いた感じにしたい場合には観葉植物という選択肢もありです。

部屋にちょっと緑があるだけで、お部屋がとてもリラックスできる空間になります。

父の日ギフトということで、普段は扱っていなちょっと珍しい観葉植物を扱っているお店もありました。

変わったものだと「コーヒーの木」なんてのもありましたね。

また、観葉植物ではないですが「果樹の鉢植え」みたいなのも面白いですよね。

イチジク、キウイ、レモン、パッションフルーツなんてのも鉢植えで売られていたりします。

ちゃんとお世話をすれば結実もするので、見て楽しみ、食べて楽しめて二度おいしいです!(^^

タイトルとURLをコピーしました