菊池桃子の再婚相手の新原氏とはどんな人?ふたりの馴れ初めは?

女優の菊池桃子さんが11月4日のブログで再婚を発表したとのこと。

お相手はどんな人かと思っていたら、なんと経産省のエリート官僚だというからびっくりです!

女優と官僚、いったいどこでどのような接点があって結婚するまでに至ったんでしょうか。

気になる馴れ初めやお相手の人となりなどの情報を集めてみました。

調べてみると、お相手の意外な一面が見えてきました。

スポンサーリンク

菊池桃子の再婚相手の新原氏はどんな人?

女優の菊池桃子さんがご自身のブログで再婚を発表しました。

お相手は経済産業省の経済産業政策局長である新原浩朗氏。

御年60歳(還暦)というから驚きです。

菊池桃子さんの旦那様なった新原浩朗氏が報道陣の前で会見をしている様子がこちらです。

新原浩朗氏の略歴

1984年に旧通産省(現在の経産省)に入省。

内閣府の政策統括官を務め「働き方改革」を実務を中心的に担い、安倍首相の信任が厚い「官邸官僚」としても広く知られています。

2018年7月には経済産業政策局長に就任し、全世代型社会保障検討会議の事務局を兼任するなど、経産省の中心的役割を担って多忙な毎日を送っているようです。

スポンサーリンク

菊池桃子の再婚相手の新原氏との馴れ初めは?

職業や経歴からして、接点が全くなさそうなふたりですが、菊池桃子さんと新原浩朗氏とはどのように知り合ったのでしょうか?

きっかけは、2015年に発足した「一億総活躍国民会議」だったそうです。

その「一億総活躍国民会議」に菊池桃子さんは委員として招集されており、新原浩朗氏は当時「一億総活躍推進室」次長で会議の事務局を担当していました。

「一億総活躍国民会議」では委員と事務局の関係に過ぎなかった菊池桃子さんと新原浩朗氏ですが、2016年6月に会議が終了した後、その「フォローアップの状況説明」を続けるうちに急速に意気投合していったようです。

プロポーズは「赤いバラを小さい花束にして『結婚してください』とシンプルに申し込みました」と会見でも述べているように、誠実な一面も垣間見えますね。

新原浩朗氏は60歳にして初婚だそうですが、菊池桃子さんのお子さんとも養子縁組を済ませ、これから新しい家族としてもやっていきたいと抱負を語っていましたね。

スポンサーリンク

菊池桃子の再婚相手の新原氏の評判は?

そんな新原浩朗氏ですが、仕事に対しては厳しい面も持っているようで、職場でのあだ名は「将軍」。

仕事の鬼とも言われているようです。

働き方改革のほかにも教育の無償化などの看板政策も推し進め、2019年10月からの消費税増税で導入されたキャッシュレス決済やポイント還元などの制度設計も取り仕切ったとされています。

上級官僚になられるような方ですから、仕事に関しては厳しくシビアであるということは想像するに難くないわけですが、そんな方が往年のアイドルである菊池桃子さんのハートを射止めたというんですから、それは驚きですよ。

新原浩朗氏は、経産省に関わりのあった政治家や同僚の官僚の方々にも結婚の報告をしたとのことですが、一同口をそろえたかのように驚きの声をあげていたそうです。

菊池桃子と新原浩朗の結婚についてネットの反応は?

菊池桃子さんと新原浩朗氏の結婚についてネットもざわついています。

新原浩朗氏の会見を観た人からは概ね歓迎や祝福のコメントが寄せられています。

「とても誠実そう」

「人柄の良さが感じられる」

「幸せな家庭を築いていってください」 など。

一方でツイッターなどをみると、新原浩朗氏の仕事に対する姿勢(パワハラ体質の鬼)からか、

「菊池桃子オワタ」

などという批判?やっかみ?的なコメントも一部で見られました。

しかし、そんな仕事の鬼であったと言われている新原浩朗氏ですが、働き方改革を中心で進めてこれられた方ということですから、これからご自身の働き方も含めて改革していただいて、ご家族のための時間も作れるようにされていかれることを願ってやみません!

スポンサーリンク

菊池桃子の再婚相手の新原氏はとは?経産省の官僚らしいが人となりは?まとめ

  • 菊池桃子さんがブログで再婚を発表。
  • 菊池桃子さんの再婚のお相手は、経産省官僚の新原浩朗氏。
  • 菊池桃子さんと新原浩朗氏の馴れ初めは政府主導で開かれた「一億総活躍国民会議」
  • 菊池桃子さんのお子さんと新原浩朗氏の養子縁組も終わっている

菊池桃子さんの再婚についての情報をまとめてみました。

世の中にはいろいろなことを言う人はいるけれど、せっかく縁あって結ばれたおふたりですから、周りの雑音は気にせず、これから幸せな人生を送っていかれるように願ってやみません。

タイトルとURLをコピーしました